掲示板

地区会小旅行

萩往還ウォーキング同好会登山日記

- 10 月は山口市徳地地区にある白石山登山とパークゴルフ -

萩往還ウォーキング同好会登山日記

10 月 29 日(土)、心配していた前日までの雨も、当日は快晴の絶好の登山日和。白石山は標高 540.8 m。山口県はもとより広島、福岡県の里山愛好家に人気のある山だ。奇岩の多い山のため山岳信仰の山 として色々な岩に名前が付いており登山者を楽しませてくれる。

登山口の駐車場から約 15 分で第一目標の大岩へ。登り初めは慣れないせいか疲労の声が聞こえる。し かし大岩に登ると眺望は最高。苦しさを忘れさせてくれた。一服して接待岩を目指す。ここはキャンプ 場になっており一枚岩の岩穴には 20 名が入れる大きさにびっくり。

十分休憩した後裏手の斜面を急登 5 分(皆無言)。ハイライトの大展望の「物見岩」530mに到着。広 い岩はあたかも舞台のよう。「素晴らしい~」の声。皆ここが頂上と思っていた様だが勘違い。又、無口 になり足を進める。頂上は、見晴らしは良くない為先ほどの岩へ早々に引き返す。 下りは、案外楽だと思っていたが、膝に負担がかかって大変だ。それでも、色んな岩を楽しみながら 登山口へ。登山道は雑木林を歩くため暑さは感じられない。往復約 2 時間半かけて全員無事下山。

その後、体力が心配だったがパークゴルフ場へ。ここでやっと昼食。メニューはラーメン 250 円、お にぎり 2 個 100 円ゆで卵 30 円。美味しくて安い。皆大満足。食事のあとは初体験のパークゴルフ。アッ プダウンのコースは、初め、苦労していたが慣れとくると面白い。1 ランドの予定が 1 ランド半に延長。 皆元気で本当に若い。アッと言う間の 1 日だった。

次回は、湯田温泉ウォークと忘年会が楽しみだ。

萩往還ウォーキング同好会登山日記

参加者は 7 名(梅田、杉俣、武安、国平、嶋田、大久保、田中)でした。

ゴルフ

第3回全国ゴルフ大会参加報告

□ 本部主催第 3 回全国ゴルフ大会参加報告 □

 

前日、10 月 12 日(水)18 時からザ.サイプレスメルキュールホテル名古屋地下 1 階のレスト ランを貸し切り、前夜祭が開かれ全国の OB・OG 約 60 名が参加しました。新倉会長のあいさつか らはじまり最後、最高齢(82歳)の中部支部・渡部(ワタベ)さんの中締めまで、研修時、かつ ての職場、健康、ゴルフなど話は尽きない、楽しい懇親の2時間となりました。

 

当日、10 月 13 日(木)は前回とは違い最高のゴルフ日和。門利、井上さんの車に分乗し、朝 6 時 10 分過ぎにホテルサンルートプラザ名古屋を出発。カーナビの誘導でウッドフレンズ森林公園 ゴルフ場に 7 時 5 分着。きれいなゴルフ場に感激。 ここは 1955 年全国で 2 番目の 9H のパブリックゴルフ場として開場。今では、ゴルフ(36H) だけでなく里山活動や音楽祭も実施。名古屋中心部から近く、手入れも行き届き、予約も取りにく い歴史と人気のあるゴルフ場です。

 

7 時 30 分過ぎルール・その他案内、集合写真撮影と続き、8 時 7 分、西コース OUT、IN 各 9 組 71 名が順次スタートしていきました。 名門・人気の美しいゴルフ場で、距離とグリーンに悩まされスコアメイクには苦労しましたが真 剣に楽しくプレイされたように思います。

 

結果は各支部上位 3 人の NET スコアで争います団体戦 優勝:中部支部、準優勝:関西支部、 3 位:北海道支部、我が中国四国支部は健闘むなしく僅差の 5 位で目標の 3 位以内には届きません でした。次回、雪辱をしたいと思います。 個人賞も優勝は地元中部支部・弥田(イヨダ)さん。これで、3 回連続、団体戦、個人賞とも優 勝は地元が獲得されました。

中国四国は 8 位:三木さん、20 位:桝井さんが飛び賞、三木さん、門利さんがニアピン賞を受 賞されました。

 

参加者は 大村 幸雄、長畑 俊二、門利 敏男、井上 啓史 桝井 敏彦、山髙 良孝、三木 信行 さんの 7 名でした。催第 3 回全国ゴルフ大会

 

催第 3 回全国ゴルフ大会

催第 3 回全国ゴルフ大会

ゴルフ

山陰からも3名参加! 岡山ゴルフ同好会(第68回コンペ報告)

曇り空の下、岡山地区今年3回目のゴルフコンペが岡山国際ゴルフ倶楽部にて、9月 16日予定通り行われました。

今回は初めて、他地区の会員にご案内を差し上げましたところ。山陰地区より3名の ご参加を頂き、楽しく親睦を図ることが出来ました。全員久しぶりの顔を見て、懇談に も笑顔が広がりました。

成績は別表の通りで、河部氏が優勝、門利氏が準優勝、畑氏が78でベスグロでした、 馬券は該当者が無く返金となりました。

表彰式では次回の予定が検討され、11月4日倉敷国際ゴルフ倶楽部にて開催される 事が決まりました。山陰地区の方も都合がよければ参加したいとの事で、ご案内を差し 上げることとしました。

(岡山地区親睦会幹事:正木 孝吉)岡山ゴルフ同好会

 

岡山ゴルフ同好会参加者は【畑毅、山髙良孝、赤木一朗、正木孝吉、前嶋弘幸 田辺將吾、大村幸雄、飯田武弐、河部正廣、蔀和夫、門利敏男、伊澤衛 瀬尾高夫】さんの13名でした。

岡山ゴルフ同好会

ゴルフ

第3回全国ゴルフ大会のご案内

会員各位

 

お元気でお過ごしのこととのお喜び申し上げます。

さて、今年で3回目になります、BOB会本部主催全国ゴルフ大会について、 ご案内いたします。

中国四国支部は、第1回、2回とも下位に甘んじてきましたが、今回はベスト3を狙います。 参加者が多いほど有利ですが、地域柄、少なくとも1組以上、4名以上の参加者数が目標です。

つきましては、下記に開催概要を提示しますので、ご参加お願いいたします。

 

「概  要」

 

開催日 2016年10月13日(木)
場所 ウッドフレンズ森林公園ゴルフ場(TEL0561-53-3993)

〒488-0081 愛知県尾張旭市大字新居5182-1

名古屋駅周辺から車で40分、 JR中央線高蔵寺駅(名古屋駅からJRで30分)からタクシーで10分

スタート OUT、IN双方から8:07 同時スタート
プレイ費 65歳未満10,000円(セルフプレイ、税込み)昼食、飲物代は別途

・65歳以上8,140円、70歳以上7,810円(65歳以上は年齢証明証類、持参のこと)

・3サム200円増し ・各自清算、クレジット支払い可

人員・資格 60名程度(BOB会員本人に限る)
競技方法 支部対抗団体戦(上位3名)、

個人戦どちらもダブルぺリアにてHDCP決定しNETスコア順

スルーザグリーン6インチプレイス可、グリーン上OKパットあり、75歳以上シニアティ使用可

表彰・表彰式 団体、個人優勝など数多く賞品あり、

競技終了後、簡単に実施 前

夜祭 10月12日(水)18:00から出場者全員参加。@3,000円

・ザ・サイプレス・メルキュールホテル名古屋 地下1Fレストランバー「ウィズ」

名古屋市中村区名駅2-43-6(TEL052-571-0111)

申込み方法  支部事務局へ氏名、住所、電話番号、生年月日を申出
 そ の 他  宿泊、交通機関、ゴルフ場までの移動は個人またはグループの手配・負担になるエース名古屋BPが妥当。集約してグループ手配が可能であれば、支部にて対応も検討

組合わせは各支部ごとになるので、前夜祭で他支部との親睦をはかる

 費用補助  一人当たり13,000円予定。 ・前夜祭費用3,000円、交通費見合い基本10,000円(発地により前後)
 詳細の連絡  参加者の集約後、参加者に対して支部から連絡する
受付締切  8月31日(水)

 

 

お申込み、また不明な点などありましたら、中国四国事務局 田村または担当者 桝井へご連絡願います。

2016.7.11

事務局 082-545-8100(田村 昇)

担当者 桝井(090-3170-4127)

お知らせ

支部総会

2016 年度支部総会

2016年度の支部通常総会・合同懇親会が、7月11日(月)ホテルサンルート広島で開催されました。今年は1981年に支部が設立されてから35周年に当り、記念の総会になりました。  総会では、最初にこの1年の間に亡くなられた8名の方のご冥福をお祈りして黙祷したあと、支部長、来賓の方からご挨拶をいただき議事に入りました。 議事では、2015年度の会務と決算が報告され承認、次に2016年度の運営計画と予算の(案)について説明があり承認、最後に訃報の取り扱いの一部変更(7Pのお知らせに詳細を掲載)について執行部から提案があり承認されました。  合同懇親会は、今年は作品展を会場内で催す試みが宴に華を添え、現職・グループ会社の方にもたくさんご出席いただいて賑やかに35周年を祝いました。総会でも懇親会でも、独走態勢を固めつつある広島カープに優勝を期待する声が飛び出しました。 恒例のお客様紹介運動の表彰や長寿お祝いも行い、再会を約して上機嫌で散会しました。

ご挨拶の要旨 【迫田支部長】熊本地震義援金へのお礼、支部創立35周年を皆で祝いたい 全国大会への参加、BOB新聞への寄稿、忘年会・同好会への参加のお礼 昨年はお客様紹介運動が少し低迷、引き続き強力に取り組み願いたい 退職者で未加入者への加入促進を図りたい

【大小田社長】お客様紹介運動へのお礼 不正アクセスによる個人情報漏えいのお詫び 個人リテール事業:社内を7つのエリアに分け、各店舗のミッションを明確にして、エリアで連携して行く営業スタイルに改めた 法人事業:交流創造事業部を新設、成長分野への取り組みと、GMT(国際旅行)の駐在員を置いて訪日インバウンドへの取り組みを強化する 【水田支店長・事業部長】交流創造事業の4つの柱は、地域活性化、着地型商品の開発、訪日インバウンド、新たな事業展開 地域に愛される、地域に根差した会社になるためしっかりと尽力したい 10月から日本の旬九州の全国CPN、しっかり旅行して復興支援に協力して欲しい

18 / 23...10...1617181920...