掲示板

地区会小旅行

お知らせ

地区会小旅行

2017年度山陰地区会&第3回山陰路味覚浪漫旅報告

11月09日(木)山陰地区会と「山陰路味覚浪漫旅」を鳥取(倉吉)地区で開催しました。

昨年10月鳥取中部地震が起き多大なる被害が発生しました。一年かけ観光地の多くは 復興いたしました。そこで【元気になりました鳥取】を企画いたしました。

山陰地区に勤務経験の方、山陰にご興味をお持ちのOBの方にもご案内状を送りました。

お陰様で、広島地区より3名、山口地区より1名、計4名の方にご参加を頂き、山陰地区の5名を含め9名の会となりました。改めて心よりお礼を申し上げます。

9日の当日は、山陰独特の曇空でしたが、皆様方の笑顔と、訪問先での心のこもった【おもてなし】に皆様は大変喜ばれました。

 

当日の朝 米子駅に集合、(道の駅 琴の浦)で魚介類や松葉カニ見たり買ったり、昼食は【版画家:棟方志功】が命名した割烹料理店『喜太亭万よし』で季節の料理を食し、食後、女将さんより棟方志功が滞在時書き残した「書画等のご案内」を頂き、お腹と目も共に満足でした。食後は『豊田家住宅』で、(講談:里美忠義公と八賢士)を聞き、倉吉の伝統的な町屋形式等のご案内を受けました。地震の被害が多かった白壁土蔵を地元のガイドさんにご案頂き最後に、『二十世紀梨記念館』(館長)に特別に梨の知識と館内の説明を熱心に頂きました。倉吉の、料理、美酒&「おもてなしに」全員が上機嫌でした。アルコールが飲めない方も雰囲気に酔っていただきました。

2019年には、日本三大船神事の一つ「ホーランエンヤ」が10年ぶりに松江で開催予定です。

出来れば桝席など予約し松江地区で開催したいと思っています。地元の方のご協力をお願いします。皆様のお越しをお待ちいたしております。

<皆様にとって来年も良い年でありますように!!!>

参加者:坂井圓次(山陰地区会長)迫田清三(中国四国支部長)、田中幹生(同副支部長)、田中信明、飯田武弐、桝井敏彦、津田隆司、井上巧美、井上啓史の皆様でした。(順不同)

地区会小旅行

岡山地区日帰り旅行結果報告

岡山地区日帰り旅行結果報告

 

梅雨空の晴れ間をついて、岡山地区日帰り旅行が6月10日晴天の下、総勢21名三次 地区“さくらんぼ狩り”に出掛けました。

内訳は夫婦4組、家族8名(幼児3名含)、男性2名、女性3名となりました。 往路の車内では、上田さんの差し入れにより賑やかに旧交を温めながら過ごしました。 程なく平田観光農園に到着し、現地のスタッフの注意を聞いた後、メインのさくらんぼ狩 りに参加致しました。みなさん色々な種類のさくらんぼを、あちらこちらと回りながら 楽しんでいました。

次に、三次ワイナリーへ向かい、バーベキュウの食事を楽しみました。その後ワインの 試飲を全員で楽しみました。次に、そらの花畑 世羅高原花の森にて、写真撮影とバラの 花園を満喫しました。開園後間もない為、写真撮影場所が無く、庭園にての撮影となりま した。帰りは、道の駅世羅に立ち寄り、休憩と買い物を楽しみました。バスの車内では、 お休みになる人、お喋りを楽しむ人、それぞれに楽しみながら目的地へと向かいました。 別れ際には又の再会を約束して、解散となりました。

幹事の色々な不手際をご了承頂き、旅行の報告とさせて頂きます。

2017年6月15日

岡山地区 親睦委員

正木 孝吉

岡山地区日帰り旅行

地区会小旅行

山口・広島合同花見会の報告

雨予報の天気と開花の心配をしながら4月7日の金曜日、広島の10名はJR岩国駅、山口の8名は JR徳山駅に集合。岩国駅で貸切バスに乗り換え、徳山駅経由、 11:00 頃、周南市鹿野の臨済宗漢陽寺に到着。有名な石庭をな がめながら説教を聞いたあと、雨上がりの鹿野清流通りを散策、 いよいよメインの弾正しだれ桜、残念、まだ蕾だ。4、5日後 満開とのことでした。

満開の情景を想像しながら昼食場所、農家レストラン「たぬ き」へバスで移動。せりごはんと季節感いっぱいの和食、美味。 差し入れの日本酒「獺祭」やビールで少し花見気分。 次は、ほろ酔いでバスに揺られながら、ひと山に約300種 以上の山野草が咲く山野草のえき。まだ早かったかな?ぬかるんだ道を進んでいくと、水芭蕉が見事に 咲いていました。

弾正しだれ桜と山野草鑑賞の旅

今は、地元の有志の方がボランティアで山野草を守ろうと活動されておられるとのこと。 再び、バスでティータイムのため山野草喫茶店へ。自然の中でいただくコーヒーはおいしいですね。 裏山にはオーナー自慢の山野草が出番を待っていましたが、座禅草は厳かに存在を示していました。

予定した目的地は終了し、バスで徳山駅、岩国 駅に向かいましたが、番外で車中から見る徳山駅 周辺の桜、錦帯橋の桜も満開。1 日中傘をささず、 今回も花見の目的はほぼ達成。 バスの中・食事中・散策の途中は、穏やかな会話 で懇親深まる時間でした。

みなさんありがとうございました。また、来年 も楽しい旅を提供しますので、参加しましょう。 いい場所がありましたら、事務局にご提案いただ ければ幸いです。

参加者は【桝井敏彦、迫田清三、津田隆司、三浦保信・美代子ご夫婦、中村昭憲、三羽利三郎、舩倉淑子 越智省三、窪井三郎、大久保雄二、岡田邦子、国平寿賀子、杉俣政則、武安慶昭、田中幹生 中村豊子、西村智子】の皆さんでした。

弾正しだれ桜と山野草鑑賞の旅

地区会小旅行

山陰地区会、第2回山陰路味覚浪漫の旅同好会

第 2 回山陰路味覚浪漫の旅

11月12日(土)今年度の山陰地区会と「山陰路味覚浪漫旅」を米子地区で開催しました。こ の度は、山陰地区に勤務経験の方、支部総会時にご興味をお持ちいただいたOBの方にもご案内状 を渡し、山陰地区外の広島地区より5名、岡山地区より1名、計6名の方にご参加を頂き、山陰地 区の4名を含め10名の会となりました。改めて心よりお礼を申し上げます。

前日までは10度を切る寒い気候でしたが、12日の当日は、皆様方の笑顔のごとく、11月と しては最高の天気となり、皆様には大変喜ばれました。

神話のロマン「大国主命」が再生された赤猪岩神社」を地元のガイドさんにご案内頂き、鳥取県 が生んだ大正から昭和にかけての、版画作品と全国の郷土玩具や数々のコレクションの収集家「板 祐生」の記念館を、「館長」に面白くコミカルに、雄弁にご案内頂き、内容といい館長話に皆さん 大満足をしていただきました。(こんな田舎になぜこんな記念館があるのか不思議)との声も出て いました。

交流会は地元の「ぼたん鍋」日本海で採れた「海鮮寄せ鍋」の2種類を4つの鍋で山陰ならでは の食事、従業員の方の手踊り(竹するめ音戸)等、料理、美酒、おもてなしに、全員が上機嫌でし た。アルコールが飲めない方も雰囲気に酔っていただきました。

来年は鳥取地区で開催したいと思っています。地元の方のご協力をお願いします。皆様のお越し をお待ちいたしております。 <皆様にとって来年も良い年でありますように!!!>

第 2 回山陰路味覚浪漫の旅

参加者は、坂井圓次(山陰地区会長)、迫田清三(支部長)、田中信明、飯田武弐、桝井敏彦 窪井三郎、堤浩一郎、池内良樹、辻孝和(JATA 中四国事務局長)、井上啓史 の皆様でした。

地区会小旅行

萩往還ウォーキング同好会登山日記

- 10 月は山口市徳地地区にある白石山登山とパークゴルフ -

萩往還ウォーキング同好会登山日記

10 月 29 日(土)、心配していた前日までの雨も、当日は快晴の絶好の登山日和。白石山は標高 540.8 m。山口県はもとより広島、福岡県の里山愛好家に人気のある山だ。奇岩の多い山のため山岳信仰の山 として色々な岩に名前が付いており登山者を楽しませてくれる。

登山口の駐車場から約 15 分で第一目標の大岩へ。登り初めは慣れないせいか疲労の声が聞こえる。し かし大岩に登ると眺望は最高。苦しさを忘れさせてくれた。一服して接待岩を目指す。ここはキャンプ 場になっており一枚岩の岩穴には 20 名が入れる大きさにびっくり。

十分休憩した後裏手の斜面を急登 5 分(皆無言)。ハイライトの大展望の「物見岩」530mに到着。広 い岩はあたかも舞台のよう。「素晴らしい~」の声。皆ここが頂上と思っていた様だが勘違い。又、無口 になり足を進める。頂上は、見晴らしは良くない為先ほどの岩へ早々に引き返す。 下りは、案外楽だと思っていたが、膝に負担がかかって大変だ。それでも、色んな岩を楽しみながら 登山口へ。登山道は雑木林を歩くため暑さは感じられない。往復約 2 時間半かけて全員無事下山。

その後、体力が心配だったがパークゴルフ場へ。ここでやっと昼食。メニューはラーメン 250 円、お にぎり 2 個 100 円ゆで卵 30 円。美味しくて安い。皆大満足。食事のあとは初体験のパークゴルフ。アッ プダウンのコースは、初め、苦労していたが慣れとくると面白い。1 ランドの予定が 1 ランド半に延長。 皆元気で本当に若い。アッと言う間の 1 日だった。

次回は、湯田温泉ウォークと忘年会が楽しみだ。

萩往還ウォーキング同好会登山日記

参加者は 7 名(梅田、杉俣、武安、国平、嶋田、大久保、田中)でした。

地区会小旅行

淡路島日帰り旅行報告

平成28年度OG・OB会岡山地区日帰り旅行

= 春の淡路島縦断満喫日和 =

 

朝から今にも降り出しそうな曇り空の下、津高より4名+幼児1名、岡山駅前より2 名、倉敷より1名、児島より3名の11名にて今年の日帰り旅行は出発致しました。

例年の6月第一日曜日に目敏いコースが無く、5月に変更になりましたので予定され ておられた方には申し訳ありませんでした。

さて、児島を出発した一行は瀬戸大橋を通り、一路鳴戸に向け進んでまいりました。 途中大阪山トンネル付近で事故車に会い、15分程足止めになりました。

岡山地区日帰り旅行その後は順調に進み予定どおり、昼食場所の“道の駅うずしお”に到着致しました。 グループごとのテーブルにて、和気藹藹楽しい玉ね ぎ尽くしの創作料理を堪能いたしました。食後は 西淡町の玉ねぎ生産農家に行き、全員田んぼに 入リネット袋に詰め放題しました。 入る前に田んぼの前でクイズがあり、我がグ ループより2名の当選者があり賞品をいただき ました。賞品はもちろん玉ねぎでした。 その後“たこせんべいの里”にて買い物を楽しみ、 奇跡の星の植物館にて散策、バラ祭りを堪能しました。 その頃少し雨が強くなり屋外の散策ができませんでした。行程を全部こなした後、一路 岡山へと向かいました。

岡山県に入ると青空が広がり、沢山の玉ねぎを持って全員家路に着きました。 帰りのバスの車内で来年の参加をお願いしつつ、解散を致しました。


岡山 7:30 →倉敷、児島 瀬戸大橋→ 神戸淡路鳴門HW→南淡路・特産 たまねぎの創作料理→新玉ねぎの収穫体験→たこせんべいの里→奇跡の星の 植物園→山陽道→19:30 岡山→各地 (お疲れさまでした)


岡山地区親睦:正木孝吉

岡山地区日帰り旅行

参加者は【正木、木村、田井、不破本、藤井 正木、上田、藤井(2)、不破本、田井】の皆さんでした。

地区会小旅行

山口・広島合同花見会「周防大島桜めぐりと春へんろ」の報告

前日の天気が嘘のような、最高の花見日和の 4 月 2 日(土)、山口から 11 名、広島から 8 名総勢 19 名が 参加しました。目的地はミカンの産地、魚釣りの漁場、海水浴で有名な山口県の周防大島(屋代島)。し かし今回は、花見(桜)が目的です。

当日、山陽本線大畠駅に 9:40 集合。瀬戸内海で 3 番目に大きい島といえども大型・中型バスでは行け ない見どころもあり、自在のマイクロバスを貸切り、地元バス会社の社長をドライバーに、地元のカメ ラマンであり、観光協会の仕事をされている方をガイドに、 10:00、出発しました。

弘法大師所縁の帯石観音(桜、奇岩、宮島・四国まで一望できる見晴らし、安産祈願)参拝、無名の枝 垂桜、五条千本桜に感激し、昼食は大農家屋敷を移築した服部家屋敷内で(普段、食事はできないので すが)、地元魚介類がメインの料理と山口のお酒「獺祭」をいただきました。ほぼ完食。食事後、近くの 「道の駅サザン瀬戸とうわ」、「ジャムズガーデン」でお土産の時間をとり、そのあと西長寺(木造阿弥 陀如来坐像、桜、こぶしの花)参拝、屋代ダム公園の桜を最後に大畠駅へ 16:20 到着しました。 約 6 時間の短い旅でしたが、普段ではなかなか行けない場所の選択とウイットに富んだ案内をいただき、 温かさと自然に抱かれた心地よい旅でした。費用は@7,000 円(バス、食事・飲み物付き)+別途大畠駅 までの往復交通費の、お手頃価格とは言えませんが、みなさん和やかに、楽しんでいただき、親睦と花 見という目的は十分達せられたと思います。

来春の企画は検討中ですが、今秋、来春、問わず、行きたい場所、推奨場所がありましたら、事務局に ご提案いただければ幸いです。

「周防大島桜めぐりと春へんろ前列左から中村昭憲、吉中博之、岡田邦子、杉俣政則、国平寿賀子、舩倉淑子、大久保雄二、津田隆司 後 列 左 か ら 桝 井 敏 彦 、 三 浦 美 代 子 、 田 村 純 子 、 西 村 智 子 、 中 村 豊 子 、 梅 田 征 夫 ( 前 側 )、 三 浦 保 信 、 後列続き、武安慶昭、窪井三郎、久井菜知子、田中幹生 (敬称略)

山口・広島合同花見会「周防大島桜めぐりと春へんろ」の報告

お知らせ

地区会小旅行

同好会『山陰路味覚浪漫の旅』が発足

今秋、中国四国支部では7番目となる同好会として『山陰路味覚浪漫の旅』が発足し ました。目的は ≪山陰各地を訪ねて味覚や観光行事などの再発見を楽しみ、交流を拡 大し、健康の維持にもあずかろう≫ というもので、発起人は松江の井上啓史さん、9 名のメンバ-でスタートということです。

同好会『山陰路味覚浪漫の旅』が発足

第1回目の例会は11月10日(火)で、国宝に再指定された「松江城」の城下めぐ りと「出雲そば」を楽しむ計画だとか。

集 合 : 松江駅 9:40

会 費 : 5.000円

(レトロ風の定期観光バス・ちどり娘がご案内、松江城、 国宝特別展、八雲庵・出雲そば定食と飲物。 堀川めぐりの遊覧船はオプションになります。)

補助金 : 集合場所までの交通費の補助を若干ですが考えています。

問合せ : 井上啓史さん 090-4579-8647

同好会『山陰路味覚浪漫の旅』が発足

 

発足メンバーではなくても多くの皆さんの参加をお待ちしております、とのことです。

1 / 212